アドセンスイメージ画像

Top >  血管異常で起こる病気 >  動脈瘤の他、血管の異常で起こる病気<狭心症>

動脈瘤の他、血管の異常で起こる病気<狭心症>

スポンサード リンク

動脈瘤の他に、血管の異常で起こる病気の中でも大変多く見られるものに「狭心症」があります。


狭心症は何度も繰り返すと心筋梗塞を引き起こす恐れもあるため、早めの手当てが必要な病気です。狭心症の発作は胸や首、肩、背中の左側などに激しい痛みを伴います。狭心症の発作は通常数分程度で収まりますが、30分以上続く場合は心筋梗塞が疑われます。


狭心症の原因は主に動脈硬化が疑われますが、運動や入浴、急激な温度変化によって血圧が上昇したときに起こりやすいと言われています。また急激な感情の変化で心臓にストレスがかかったときにも起こりやすいことで知られています。狭心症は合併症に動脈瘤が起こることがあります。


現在、狭心症の治療法は進み、手術の成功率も高い数字を示していますが、動脈瘤のある場合は手術にもリスクを伴うことになります。

血管異常で起こる病気

動脈瘤(どうみゃくりゅう)の他、血管異常で起こる病気について

関連エントリー

動脈瘤の他、血管の異常で起こる病気<心筋梗塞> 動脈瘤の他、血管の異常で起こる病気<脳出血> 動脈瘤の他、血管の異常で起こる病気<脳卒中・脳梗塞> 動脈瘤の他、血管の異常で起こる病気<狭心症>