アドセンスイメージ画像

Top >  血管異常で起こる病気 >  動脈瘤の他、血管の異常で起こる病気<心筋梗塞>

動脈瘤の他、血管の異常で起こる病気<心筋梗塞>

スポンサード リンク

動脈瘤の他に血管の異常で起こる病気の代表的なものとして、「心筋梗塞」が挙げられます。


心筋梗塞は俗に心臓発作と呼ばれることもあり、毎年死亡原因の上位を占めている、重篤な病気のひとつです。心筋梗塞は主に冠動脈が詰まり、心臓に血液が届かなくなったことで心臓の組織が壊死してて起こる病気です。まれに心臓内でできた血栓が冠動脈に詰まることで起こる場合もあります。心筋梗塞の発作が起こると胸や上半身の左側を中心に激しい痛みを感じます。嘔吐したり意識を失うこともあり、すぐに救急車を呼ぶ必要があります。


心筋梗塞を起こす人の中には、その数週間から数日前にかけて何度か狭心症の発作を起こすこともあるため、狭心症を起こしたことのある人は心筋梗塞に対しても要注意だといえます。心筋梗塞は、合併症として心筋に異常を来たすことがある他に、心室に動脈瘤ができるケースもあります。この動脈瘤は心不全を引き起こす可能性があるため、多くの場合で手術によって切除されることになります。

血管異常で起こる病気

動脈瘤(どうみゃくりゅう)の他、血管異常で起こる病気について

関連エントリー

動脈瘤の他、血管の異常で起こる病気<心筋梗塞> 動脈瘤の他、血管の異常で起こる病気<脳出血> 動脈瘤の他、血管の異常で起こる病気<脳卒中・脳梗塞> 動脈瘤の他、血管の異常で起こる病気<狭心症>