アドセンスイメージ画像

Top >  動脈瘤と成人病(生活習慣病) >  動脈瘤と五大成人病

動脈瘤と五大成人病

スポンサード リンク

「五大成人病」とは、三大成人病の「がん」「心臓病」「脳卒中」に「糖尿病」と「高血圧」の2つの疾病をプラスしたものを指します。


五大成人病のいずれも日本人には非常に多く見られ、中には複数のものを併発している人もいます。成人病は現在は「生活習慣病」と呼ばれ、その原因もそれまで考えられていた加齢ではなく、生活習慣にあることがわかっています。この五大成人病にも挙げられている心臓病と脳卒中の中には、動脈瘤が原因となって発症するものがあります。


逆に糖尿病と高血圧は動脈瘤の原因とも言われている動脈硬化を悪化させることが知られており、このことから動脈瘤と五大成人病には深い結びつきがあることがわかります。特に高血圧は動脈瘤を悪化させることが知られており、高血圧に対処することが動脈瘤の破裂させないためのキーポイントになると考えられています。

動脈瘤と成人病(生活習慣病)

動脈瘤(どうみゃくりゅう)と成人病・生活習慣病について

関連エントリー

動脈瘤と三大成人病 動脈瘤と五大成人病