アドセンスイメージ画像

Top >  動脈瘤と成人病(生活習慣病) >  動脈瘤と三大成人病

動脈瘤と三大成人病

スポンサード リンク

日本人の三大成人病とは「がん」「心臓病」「脳卒中」を指します。現在は生活習慣病と呼ばれている成人病は、かつては加齢が原因で発症すると考えられていたため、そのように名づけられていました。


三大成人病の中の心臓病と脳卒中の多くは動脈硬化が原因で発症すると言われています。動脈硬化は動脈瘤の原因の一つだとも考えられており、動脈硬化の進行によって弱くなった血管に動脈瘤ができるのではないかという説が現在では最も有力です。また動脈瘤自体が三大成人病の原因にもなっています。


例えば脳卒中のひとつであるくも膜下出血の多くは、脳内の動脈瘤が破裂した場合に起こります。心臓のごく近くに起こる冠状動脈瘤は、心臓病である狭心症や心筋梗塞といった合併症を引き起こす可能性もあります。つまり三大成人病の中の心臓病や脳卒中も動脈瘤も、動脈硬化を中心に非常に深い関係にあると言うことができるでしょう。

動脈瘤と成人病(生活習慣病)

動脈瘤(どうみゃくりゅう)と成人病・生活習慣病について

関連エントリー

動脈瘤と三大成人病 動脈瘤と五大成人病