アドセンスイメージ画像

Top >  動脈瘤の基礎知識 >  動脈瘤と高血圧との関係

動脈瘤と高血圧との関係

スポンサード リンク

動脈瘤が高血圧に関係してさらに危険度が増すというのは明らかです。


実際に動脈瘤を持つ人は高血圧である場合が多いというデータもあります。また、高血圧は動脈瘤の原因ともなる動脈硬化と関係が深く、高血圧が関係して動脈瘤を持つ人が合併症を起こすケースも少なくありません。つまり、動脈瘤にとって高血圧は最大の危険因子だとも考えられるわけです。


高血圧に悩む人は日本国内に3400万人いるといわれています。特に高齢者には高血圧の割合も多く、リスクが高いことは知られていながらも対策は未だ十分ではない病気だといえます。そもそも動脈瘤は、動脈硬化によって血管が弱っているところに高血圧で余分な圧力が常時掛かることによって発症するとも考えられています。


動脈瘤を予防するためにも、それ以上動脈瘤を悪化させないためにも、それに関係する高血圧を防ぐということが何よりも大切です。

動脈瘤の基礎知識

動脈瘤(どうみゃくりゅう)の基礎知識

関連エントリー

脳動脈瘤とくも膜下出血 脳動脈瘤とくも膜下出血との関係 動脈瘤と高血圧との関係 動脈瘤になぜなる? 動脈瘤とは 動脈(血管)とは 動脈瘤の危険率 動脈瘤の死亡率