アドセンスイメージ画像

Top >  動脈瘤の種類 >  破裂脳動脈瘤

破裂脳動脈瘤

スポンサード リンク

動脈瘤はできた部位などによって様々な種類に分かれていますが、脳動脈瘤の中でも破裂してしまった種類ものを「破裂脳動脈瘤」といいます。その中でも多いのは、くも膜と脳の間で破裂脳動脈瘤が起こる種類のもので、これをくも膜下出血と呼びます。


破裂脳動脈瘤は突然起こり、ハンマーで殴られたような激しい痛みを伴います。嘔吐を起こしたり気を失ったりすることもあります。破裂脳動脈瘤は手術による治療が行われますが、一旦破裂脳動脈瘤が起こると死に繋がることも少なくなく、生還しても重い後遺症の残る可能性もあります。また、動脈瘤を持つ人は複数の動脈瘤を持つことも多いため、破裂脳動脈瘤を手術して治療が終わっても、再び破裂脳動脈瘤を起こさないとは言い切れません。


このような動脈瘤の破裂を防止するには、検査によって発見するのが一番ですが、脳動脈瘤を発見しても破裂するのは2%と少ない上、残りの98%の人にとっても心の負担が大きいことから、検査を受けることに対して賛否両論があるのも事実です。

動脈瘤の種類

動脈瘤(どうみゃくりゅう)の種類について

関連エントリー

脳動脈瘤 破裂脳動脈瘤 未破裂脳動脈瘤 巨大脳動脈瘤 解離性脳動脈瘤 腹部動脈瘤 胸部動脈瘤 胸腹部動脈瘤 小動脈瘤 冠状動脈瘤(冠動脈瘤) 末梢動脈瘤 膝窩動脈瘤 大腿動脈瘤 頸動脈瘤 大動脈解離