アドセンスイメージ画像

Top >  動脈瘤の種類 >  冠状動脈瘤(冠動脈瘤)

冠状動脈瘤(冠動脈瘤)

スポンサード リンク

冠状動脈は冠動脈ともいい、心臓を動かすエネルギーの元となる、血液を直接心臓に送り込む種類の動脈です。心臓を冠状に覆っていることから、冠状動脈という名前がつけられました。


「冠状動脈瘤(冠動脈瘤)」は、この動脈に瘤ができたものです。冠状動脈瘤(冠動脈瘤)は小さな子供が川崎病の合併症として発症することもありますが、5mm以下の小さな種類の冠状動脈瘤(冠動脈瘤)なら自然に治癒したり、アスピリンが効果的なケースも多いと考えられています。


しかし、6mm以上と大きな種類の冠状動脈瘤(冠動脈瘤)は、破裂する危険性があるだけではなく、狭心症や心筋梗塞を引き起こすこともあります。その場合には冠状動脈のバイパス手術か、冠状動脈瘤(冠動脈瘤)のある場所に管を埋めるといった手術が行われます。

動脈瘤の種類

動脈瘤(どうみゃくりゅう)の種類について

関連エントリー

脳動脈瘤 破裂脳動脈瘤 未破裂脳動脈瘤 巨大脳動脈瘤 解離性脳動脈瘤 腹部動脈瘤 胸部動脈瘤 胸腹部動脈瘤 小動脈瘤 冠状動脈瘤(冠動脈瘤) 末梢動脈瘤 膝窩動脈瘤 大腿動脈瘤 頸動脈瘤 大動脈解離