アドセンスイメージ画像

Top >  動脈瘤の種類 >  胸腹部動脈瘤

胸腹部動脈瘤

スポンサード リンク

動脈瘤はできた場所によって種類が分けられていますが、横隔膜の上下にわたる広い範囲にできた動脈瘤を「胸腹部動脈瘤」と呼んでいます。


胸腹部動脈瘤は、他の種類の動脈瘤と同様に、小さいうちにはほとんど自覚症状はなく、多くはレントゲンで偶然見つかります。しかし、瘤(こぶ)が大きくなってくると脈動が触診でわかるようになります。


胸腹部動脈瘤の主な症状は、胸部や腹部にできる種類の動脈瘤のケースとほぼ同じで、周りの臓器への圧迫から胸部や腹部、背中に痛みを伴うようになります。この種類の動脈瘤は、6cmを超える大きさになると破裂する危険性が高くなるため、ほとんどの場合で手術が行われます。しかし、特に胸腹部動脈瘤の場合では、動脈瘤が広い範囲に及んでいるために、手術の後遺症として下半身の麻痺が残ることが多いと言われ、難しい手術のひとつに挙げられています。

動脈瘤の種類

動脈瘤(どうみゃくりゅう)の種類について

関連エントリー

脳動脈瘤 破裂脳動脈瘤 未破裂脳動脈瘤 巨大脳動脈瘤 解離性脳動脈瘤 腹部動脈瘤 胸部動脈瘤 胸腹部動脈瘤 小動脈瘤 冠状動脈瘤(冠動脈瘤) 末梢動脈瘤 膝窩動脈瘤 大腿動脈瘤 頸動脈瘤 大動脈解離