アドセンスイメージ画像

Top >  動脈瘤を早期発見 >  未破裂脳動脈瘤チェック

未破裂脳動脈瘤チェック

スポンサード リンク

動脈瘤を早期発見するためには日ごろから自分の体の状態に十分に気を配っておく必要があります。


もちろん、動脈瘤は初期段階では自覚症状がありませんので、正確な動脈瘤の有無については検査に判断を委ねるべきです。ただ、未破裂脳動脈瘤のある人には、次のような症状が表れることを知っているに越したことはありません。ぜひチェックしてみてください。


・視野が欠けたり周辺がぼやけたりする
・記憶力や集中力が減退している
・言葉がしゃべりにくい
・平衡感覚や運動能力に異常を感じる
・倦怠感が強く、疲労しやすい
・知覚や思考力が衰えている


これらのチェック項目は、未破裂脳動脈瘤とは関係なく起こる可能性のあるものばかりです。また、これらは未破裂脳動脈瘤の人全てに表れる症状というわけでもありません。チェック項目はあくまで目安と考えて、何かおかしいと感じた場合には早めに医師に相談してください。

動脈瘤を早期発見

動脈瘤(どうみゃくりゅう)は自覚症状がほとんどありません、早期発見が重要です。

関連エントリー

脳動脈瘤を早期発見するために<脳ドック> 未破裂脳動脈瘤チェック 動脈瘤の早期発見の方法