アドセンスイメージ画像

Top >  動脈瘤を早期発見 >  脳動脈瘤を早期発見するために<脳ドック>

脳動脈瘤を早期発見するために<脳ドック>

スポンサード リンク

脳動脈瘤には初期段階には自覚症状がほとんどありません。そのため、脳動脈瘤を確実に早期発見して脳卒中のリスクを減らすためには、脳ドックを受ける必要があります。


脳ドックの主な検査内容は、MRIやMRAによる脳内の撮影です。他にレントゲン検査やCT検査が行われることもあります。脳ドックの検査時間は30分から2時間、検査費用も3万円から6万円程度と内容によって大きく異なりますが、中には全身の疾患を早期発見できる人間ドックとセットになった宿泊ドックもあります。


脳ドックは脳動脈瘤だけではなく、脳梗塞や脳出血に対しても早期発見を期待することができます。脳ドックの検査終了後には、結果によって生活についての指導やリスクに対する予防、治療などを受けることで、脳卒中を起こす可能性をできるだけ減少させます。

動脈瘤を早期発見

動脈瘤(どうみゃくりゅう)は自覚症状がほとんどありません、早期発見が重要です。

関連エントリー

脳動脈瘤を早期発見するために<脳ドック> 未破裂脳動脈瘤チェック 動脈瘤の早期発見の方法