アドセンスイメージ画像

Top >  動脈瘤を早期発見 >  動脈瘤の早期発見の方法

動脈瘤の早期発見の方法

スポンサード リンク

動脈瘤は初期段階に自覚症状が表れないため、痛みなどの自覚症状が表れ始めた状況ではかなり動脈瘤も大きくなっていることが考えられます。そのため、早期発見を狙う場合は、ほとんどの場合で自ら検査を受けることが必要です。


動脈瘤の早期発見の方法としては、レントゲンやCT検査、超音波検査やMRIなどがあります。動脈瘤を早期発見できるケースでもっとも多く見られるのは、健診などで受けたレントゲンや超音波検査などの方法で動脈瘤が発見されるケースです。


CTによる方法はレントゲンや超音波を用いる方法よりはっきりと動脈瘤を捕らえることができますが、レントゲンなどに比べると高価な検査方法です。またMRIは非常に鮮明に動脈瘤を撮影できる方法のため、MRI検査のある脳ドックなどを受ければ早期発見には非常に効果的な方法となりますが、CT検査に比べても高額になります。

動脈瘤を早期発見

動脈瘤(どうみゃくりゅう)は自覚症状がほとんどありません、早期発見が重要です。

関連エントリー

脳動脈瘤を早期発見するために<脳ドック> 未破裂脳動脈瘤チェック 動脈瘤の早期発見の方法