アドセンスイメージ画像

Top >  動脈瘤の治療や検査 >  動脈瘤の治療<手術>

動脈瘤の治療<手術>

スポンサード リンク

動脈瘤の治療は、動脈瘤の大きさと動脈瘤の出来ている場所によって方法が異なっています。


例えば腹部動脈瘤の場合は、動脈瘤の大きさが6cm以上になると破裂する危険性が出てくるため、多くの場合、手術が勧められます。


手術による腹部などの身体の動脈瘤の治療は2つの手法が考えられます。ひとつは従来から行われてきた、動脈瘤のある箇所の血管を人工血管に置き換える治療法です。これは全身麻酔状態で開腹し、動脈瘤を切り開き、その上から人工血管を覆うように縫い付けるという方法です。もうひとつの方法は比較的新しい手術方法で、カテーテルという細い管を使って動脈瘤の内側にコイルを挿入し、動脈瘤に続く血液の通り道を塞ぐ方法です。


一方、脳動脈瘤にも2種類の手術方法があります。そのひとつは従来行われてきた治療方法で、動脈瘤をクリップで挟んで血液がそれ以上動脈瘤へ流れるのを防ぐ手術方法です。もうひとつは体の動脈瘤でも同様に使われ始めているカテーテルを使った新しい手術方法です。

このカテーテルを使う治療方法は、患者の体への負担は格段に少ない方法ですが、まだ確立された手術とは言い難いため、今後の研究が待たれています。

動脈瘤の治療や検査

動脈瘤(どうみゃくりゅう)の治療や検査について

関連エントリー

動脈瘤・MRIでの検査法 動脈瘤の治療<保存療法> 動脈瘤の治療<手術>