アドセンスイメージ画像

Top >  動脈瘤の基礎知識 >  動脈瘤になぜなる?

動脈瘤になぜなる?

スポンサード リンク

動脈瘤になぜなるのか、直接の原因ははっきりとはわかっていません。


ただし、今までの研究や統計から、動脈硬化や高血圧が動脈瘤に大きな関わりがあり、そのあたりに動脈瘤になぜなるのかを解く鍵があるのではないかと考えられています。少なくとも動脈硬化や高血圧が動脈瘤を進行させることは確かで、動脈硬化が進んだ血管に動脈瘤ができている状態で高い血圧がかかれば、非常に危険な状態になるというのは想像に難くありません。


そのほか、動脈瘤には遺伝性もみられ、原因の一つではないかと考えられています。また老化も動脈瘤になる原因の一端を担っているということも考えられます。


いずれにせよ、動脈瘤になぜなるのかを解明すること根本的な予防法を発見することにも繋がるため、動脈瘤の原因の究明が急がれています。

動脈瘤の基礎知識

動脈瘤(どうみゃくりゅう)の基礎知識

関連エントリー

脳動脈瘤とくも膜下出血 脳動脈瘤とくも膜下出血との関係 動脈瘤と高血圧との関係 動脈瘤になぜなる? 動脈瘤とは 動脈(血管)とは 動脈瘤の危険率 動脈瘤の死亡率