アドセンスイメージ画像

Top >  動脈瘤の基礎知識 >  動脈瘤の危険率

動脈瘤の危険率

スポンサード リンク

動脈瘤が破裂してしまった場合はすぐに手術による治療が行われますが、未破裂動脈瘤の場合は手術をする場合と治療せずにしばらく経過観察する場合とに分かれます。


これは、破裂する可能性の高いものほど手術自体の危険率が高いためです。動脈瘤の手術の危険率は以前よりは低くなったとも言われていますが、それでも大きな手術であることには変わりはなく、決定は慎重に行われています。


例えば脳動脈瘤の場合は、大きさが5mm以下であったり患者が70歳以上であるケースでは手術の危険率のほうが経過観察の危険率よりも高いと見なされるので、一般的には手術は選択されません。これにはそもそも動脈瘤が破裂する危険率は、1年間でおよそ2%とさほど確率は高くないという背景もあります。逆に手術は動脈瘤のある場所や状態によって危険率が大きく異なり、手術と同時に後遺症の危険率についても考慮に入れる必要があります。

動脈瘤の基礎知識

動脈瘤(どうみゃくりゅう)の基礎知識

関連エントリー

脳動脈瘤とくも膜下出血 脳動脈瘤とくも膜下出血との関係 動脈瘤と高血圧との関係 動脈瘤になぜなる? 動脈瘤とは 動脈(血管)とは 動脈瘤の危険率 動脈瘤の死亡率