アドセンスイメージ画像

Top >  動脈瘤の基礎知識 >  動脈瘤とは

動脈瘤とは

スポンサード リンク

動脈瘤とは、動脈の壁が弱くなり、瘤状(こぶじょう)に膨らんだもののことを指します。


一部分がまるで風船のように膨らんだり血管全体が膨らんだりと、動脈瘤はさまざまな状態で発見されますが、原則的に動脈ならどこにでも動脈瘤が出来る可能性があると言われています。ただし、やはり動脈瘤の出来やすい部位というのがあって、血管が分岐する部分に一番の危険性があると考えられています。


よく聞かれる大動脈瘤とは大動脈に動脈瘤ができたもので、胸部や腹部によく見られます。また同様に、脳動脈瘤とは動脈瘤が脳の血管にできたものを指しています。


動脈瘤は破裂しない限り、ほとんど自覚症状がないため、なかなか発見しにくい病気です。ただし破裂すると激しい痛みを伴い、命にも関わることも多いため、できるだけ早期発見することが望ましい病気です。

動脈瘤の基礎知識

動脈瘤(どうみゃくりゅう)の基礎知識

関連エントリー

脳動脈瘤とくも膜下出血 脳動脈瘤とくも膜下出血との関係 動脈瘤と高血圧との関係 動脈瘤になぜなる? 動脈瘤とは 動脈(血管)とは 動脈瘤の危険率 動脈瘤の死亡率